平河天満宮

久し振りの更新ですが、毎年日本各地に食べ歩きの旅をしていますので、忙しくなり更新できない時もあります。

今回のお正月は、地元沖縄からの帰りに東京の平河天満宮の傍のカフェに立ち寄り美味しいカレーと、デザートを頂きました。

シェフは東急ホテルに長く務めてらしたので味は美味しく保証します。


今回も銀座界隈のファイブスターホテルのレストランや粋なレストランに立ち寄ってますので、少しずつ紹介します。





レストランカフェ店主

愛馬が10月7日東京競馬場で出走します。

MoMA STORE
日頃一口馬主としてプライベートを愉しんでいます。

10月7日(日)東京8R 500万下(芝2400m)に愛馬ブライトメモリー号が出走します。
予定としては鞍上には人気ジョッキーの丸山元気騎手と二度目のコンビニなります。

この時のゼッケンはカフェのバーに飾ってあります。

また外国産馬でカナダ2歳チャンピオンの牝馬(関西栗東所属)も4口所有していますので、今からデビューが待ち遠しいです。
競走馬に関しては、追加して所有して3頭~5頭程度でプライベート運営して行きます。

実現性は果てしなく低いですが、何時かダービー馬のオーナーになってみたいものです。

レストランカフェ店主




2018年8月からのランチ【2019年から8月はSummer Holiday(夏季休暇です。

※2018年の8月の記事を2019年7月30日訂正します。

(2019年から8月はSummer Holiday夏季休暇)

日頃のご愛顧ありがとうございます。

今月からランチメニューになります。
1.ステーキランチ 1500円
2.ビーフシチュー 1200円
3.本日のパスタ  1200円
4.日替わりアソート1200円

※アソートは1日限定4食とさせて頂いています。

従来の予約ランチも予算に応じて1500円から支度させて頂いています。
※前の週の土曜日までにお願いします。

レストランカフェ店主

 




太刀魚のポワレ ソースブールブラン

八月のディナーの予約を頂戴して、支度させて頂きました。

お誕生日との事で、大サービスさせて頂きました。

アミューズ:キッシュロレーヌ、自家製ピクルスと季節のお野菜
前菜   :ズワイ蟹のタンバル
スープ  :唐芋の冷製ポタージュ
ポワソン :太刀魚のポワレ ソースブールブラン

グラニテ :パインソルベ
ヴィヤンド:仙台牛のグリエ ポルチーニ、トランペット茸の赤ワインソース
デセール :カヌレ ド ボルドー、ババロア、水耕芋のチーズアイスクリーム
紅茶

以上愉しく支度させて頂きました。

※月曜日~水曜日と17時以降は完全予約制になります。 

レストランカフェ店主




世界三大ピアノ日本総代理店様 ご来店

CHATEAU CALON SEGUR 2008
世界三大ピアノのベヒシュタイン日本総代理店ユーロピアノ社長
加藤様にご来店頂きました。

青森県で初めてホフマンを購入し、そのピアノの為にホールを設計しましたので評価頂き感謝しています。

※サロンドカフェのホールはこのピアノを設置する事を前提に設計し、床材としては最高峰の本花梨を敷き詰め、ピアノが響く様にホール内の仕切る物は全てなくし、椅子はトムソン椅子の様に背もたれが音の抜ける物を設置しています。

レストランカフェ 店主

CHATEAU CALON SEGUR 2008料金改定のお知らせ

CHATEAU CALON SEGUR 2008
偉大なワインシャトーカロンセギュール2008年当たり年でもあり、来年2019年から2036年かけて飲み頃を迎えるにあたり
貴重価値も相まって17000円から23000円に値上げさせて頂く事になりました。

市場価格も上昇を始めており、23000円と言う価格は、市場での購入価格そのものとなっており、お得感があるかと思います。
1本しかございませんので、無くなり次第終了となります。

レストランカフェ 店主

7月7日のディナーコース訂正

7月7日の予約のディナーイタリアン!税込み5000円
※普段は用意しない予約だけの料理が主体です。

全10品(付け合せとしても含む)でした!
●サーモンムースキャビア添え
●真鯛と鮪のカルパッチョ、自家製ピクルス、ブロッコリーオイル漬け
●トリッパ ローマ風トマト煮込み
●青森県産地鶏シャモロックのカチャトーラ(ワイン煮)
●県産人参のポタージュ
●地中海風魚介のトマトクリームパスタ
●モリーユ茸、トランペット茸、ポルチーニ茸のリゾット
豪州産仔牛のローストを添えて
※自家製のブロードとワインを使って、芯を残すように作りました。(予約ディナーのみお米から作ります。)
●北海道産の小麦の生地で作る自家製ピッツア(抜けてました。・・)
●マルサラワインを使った本格ティラミス、カヌレ・ド・ボルドー
※ワインがデザートに深く関与している証拠としての2品
ワインの造る工程で、玉子の白味を使用して黄身が余るので、余った黄身を使ったデザートが考案されるに至った。
●コーヒー

以上愉しく支度させて頂きました。
※次回の予約も頂戴しています。

レストランカフェ 店主